明日も笑顔で

のんびりガーデニングをしてます。 バラ、草花、お野菜、そして私の毎日。 毎日笑って過ごせると良いけど ときには愚痴るかも。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

6月のローズセミナー

今月は「病害虫の症状と処置の方法」についてでした。
私が思ってた病気や虫は思い違いをしてたようです。

**まずはこの虫。
チュウレンジバチ

ずっと「チュウレンジバチ」だと思っていたのですが
コナガでした。
コナガは下の方の葉っぱに発生するそうです。
テデトールしても良いし、イモムシケムシの薬で退治できると思います。

**写真は無いのですが
白い線みたいに細かなものを見たことがありませんか?
葉っぱがテカテカしてると思います。
私はずっとコナジラミだと思っていたのですが
アブラムシのフンでした!
なのでアブラムシを退治すれば良いのです。
先生、オススメの薬はタケダのベニカスプレーです。
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/guide/syo00510.html
これはつぼみを食べるゾウムシにも効きます。

**黒点病です。
黒点病

葉脈に沿って黒くなってくるのが特徴です。
バラにとって葉っぱを落としてしまう病気がとっても悪いそうです。
ダコニールをしてあげましょう。
1週間して葉っぱが黄色くなってきたら
バラは良い方向へ向かって努力してる証拠です。

うちにも葉っぱに黒いテンテンがついているバラがありました。
先生に見ていただいたところ黒点病では無いそうです。
バラの葉の表面にはアブラがあって
雨で落ちた油が葉っぱのくぼみに溜まり
お日様が照ってきたらそのアブラで葉っぱが黒くなったそうなんです。
うーむ。。。
判断が難しい。。。

**ウドンコ病です。

ウドンコ

葉っぱが粉をふいたみたいになってきます。
白カビ病とも言います。
なかなか治らないしツボミもクニャーって曲がってくるので
悲しくなります。
これは空気感染する病気です。
自分ちにはウドンコが無くても空気にのってやってきます。
スモークツリーなんてウドンコの代表みたいな木なんだそうですよ。
だから御近所もウドンコ退治をしてくれなきゃキリが無いですよね。

処置はミラネシン1000倍+サプロール2000倍の混合液を散布します。
二つ合わせるとものすごくパワーアップします。

**ダコニール、ミラネシン、サプロールなど
お薬は乾燥しているときにやってもあまり効果がありません。
すごく乾燥しているときは
まわりにお水をまいてから薬をあげると良いそうです。

**ボトリチスです。
せっかくつぼみができても花びらが茶色くなってくっついて咲かないことがありませんか?
これは「スリップス」っていう黒くて小さな虫がおこす病気だとも言われています。
菊にもよく見かけるチョロチョロすばしっこく動く小さな虫です。
見たことありますよね。

このスリップスはまだ緑のツボミの時から
ガクのところに5匹くらいはいます。
それが花が咲く頃には10倍に増えているそうなんです!!!
すごい繁殖力!!
スリップスがつぼみを食べて
そこに雨がしみこんで病気が発生し花が咲かないのです。
スリップスのいない花は雨が降ってもキレイに咲きます。
咲いてるバラに見つけたら切って袋に入れて口をキューって縛っておきましょう。
ピョーンて飛んで戻っていかないようにね。
つぼみの時に退治するには
オルトラン水和剤1000倍をつぼみにタラタラと落とします。

**ダニについては小山内先生にメールで直接お聞きしました。

ダニは雨が葉に当たらない、または雨が降らない日が4・5日以上あると大発生を始めます。
好きな環境は、高温、加湿、吹きだまる場所。

これをふまえて

1  涼しい場所、水気の多い場所、風通しのある場所に置く。
2  3・4日に一度、葉裏に強い水をタップリかける。
3  殺ダニ剤を散布する。

3、は サンマイト、バロックなどのダニ剤を定期濃度で交互に散布するといいでしょう。

7日に1度、2,3週続けると効果がでてきます。
ひどく葉が白くなってくると、薬が効かなくなるのでお早めに。


おまけ*****

**先月植えた春苗の植え替えもしました。
春苗の植え付けの要領でした。
ただ鉢底石だと思っていたものは
「ひゅうが軽石」だったのですぐにマネッコをして
他の春苗も植え替えしました。
8号に鉢増ししました。
肥料はマグァンプです。
夏場は有機肥料の効きが悪いそうです。

**花ガラ摘みは花ビラが散り始めたら早めに切り取ります。
病気が発生したり、次の花つきが悪くなります。
切る位置は花ガラから数えて2~3節目に当たる
5枚葉の少し上です。

**過度の水遣りはネを軟弱にさせます。


スポンサーサイト
[ 2006/06/30 ] | バラ | CM(11)

虫と病気がやってきた!

害虫と病気が大暴れしだしました。

チュウレンジバチ

コナガ
今のところテデトールしています。

チュウレンジバチ1

チュウレンジバチに食べられた葉っぱ

ダニ

ダニかな?
うー、どうしよう。

ハキリ

ハキリバチ 
どうしようもない。。。。

ウドンコ

ウドンコ
アグリチンキをかけています。
[ 2006/06/09 ] | バラ | CM(2)

マーシャスタンホープのはず…

マーシャスタンホープ


マーシャスタンホープのつぼみが大きくなってきました。

つぼみがピンク色をしています。
確か、白いバラのはず…
いったいこれは何てバラでしょう。
どこで間違ったかな。

ちょっとがっかりなのです。


6月4日
明らかにピンク色が咲きそうです。
京阪園芸にバラを見てもらいに行きました。
あいにく小山内先生は岐阜のバラフェスタ会場に出張中。
お店で売ってるマーシャを見たら
うちと全然違う。。。
木の形はラ・フランスに似ていました。
いったい私が大切に育てていたバラは何なんだろう。
お店の人がバラの花を切ってしまったので写真はありません。

[ 2006/06/04 ] | バラ
Calender

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いくつになったの

プロフィール

zookmama

Author:zookmama
携帯からもできる!

  • 管理者ページ
  • ブログ内検索

    thank you for coming!

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。